TOPPAGE
全国納豆鑑評会
納豆インタビュー
新納豆列伝
気まぐれ絵日記
納豆百選
納豆展示室
文化村写真館
 
>> 納豆百選のメニューに戻る
納豆汁
納豆汁☆使う納豆・・・ひきわり納豆 一茶納豆/村田商店(長野県)
☆RECIPE・・・納豆文化村/夏目柚香
☆CHEF・・・納豆文化村/夏目柚香

今回柚香が挑戦するのは、「納豆汁」です☆ やっぱり寒いときにはあったかい汁物が欲しくなりますよね。冬の寒さが深まる今日この頃、もう想像しただけで絶対おいしいこと間違いなし! 今回使う納豆は村田食品さんの「一茶ひきわり納豆」です。このひきわり納豆は、必要な時に必要なだけ、村田商店さんの工場でひきわり大豆を挽くので、新鮮そのもの。ひきわり大豆を仕入れて納豆にする場合、大豆が酸化したりして、味に影響が出やすいってご存知でしたか? 今日はこの「一茶ひきわり納豆」を贅沢に納豆汁にいれさせてもらっちゃいます!

味噌で味付けされた汁に納豆をいれたら全体的にとろみがついておいしさが倍増しそう!わくわくしてきましたよ〜!早く食べたいなぁ☆切って、煮て、味付けて!もうレシピは完璧に頭に入りましたよ☆(笑) さぁ頑張っておいしく作るぞぉ〜(^−^)



用意するもの
一茶納豆●ひきわり納豆
村田商店さんの「一茶納豆」を使います。
さといも●さといも
大きめのさといもを1個まるごと使います。
大根/にんじん●大根/にんじん
両方とも皮を切っていちょう切りにします。

ごぼう/万能ねぎ●ごぼう/万能ねぎ
ごぼうは皮をこしとってささがけにします。

豚肉/味噌●豚肉/味噌
濃い味の味噌の方がお奨めです。豚肉は食べやすい大きさに。

なめこ●なめこ
1/2袋を湯通ししておきます。


大きなさといもを使います ごぼうをささがけします
今日つかうさといもは、大きいです!質量感たっぷりなので楽しみです。ごぼうのさきがけもとっても簡単にできました!さて、野菜をサクサクきった後は、火を通しますよ!


作り方
(1)里芋、大根、にんじんを小さく切ります。ごぼうは、さきがけにして水に入れておきます。
(2)鍋で豚肉を炒め、色が変わったら水気をきったごぼうを入れます。
(3)里芋、大根、にんじんを加えて炒めます。
(4)ひたひたになるまで水を入れて、中身が柔らかくなるまで煮ます。
(5)味噌で味を調えて、ひきわり納豆を混ぜ込みます。
(6)器に盛って、最後にネギを散らします。

具材を煮こんでいきます 柚香と納豆汁
鍋からは野菜を煮込んだいい香りが漂ってきますよ。これだけでも美味しいのに、ひきわり納豆を混ぜ込むとさらにコクが増しました。納豆の香ばしい香りもふんわりで、いい仕上がりになりました。煮込み終わって器に盛り付けた後は、万能ネギを散らして完成です!


出来上がり〜!!
納豆汁調理している時からいい香りがたち込めました。納豆が見えるように盛り付けを一味工夫すると、一段と美味しそうですね☆ ごぼう、にんじん、なめこ、豚肉など様々な食材が入っているので、野菜もたっぷりとれてバランスもグッドです。 これを飲めば心も体も温まりそう。寒い時にもってこいの一品です♪普段つくっているお味噌汁や豚汁なんかに納豆を加えてもおいしいと思います。ひきわり納豆である「一茶納豆」は、この納豆汁の中では主張しすぎない控えめな存在感。でもコクの深さをしっかりと出している縁の下の大きな役割を担っています。汁物でもお野菜やお肉をうまく馴染ませる納豆は、本当に万能な食材なんだと改めて感心しました(^‐^)

【柚香感想】・・・納豆汁は野菜と納豆の香りが際立ってい食欲をそそりますす。一口飲むとごぼうのコクのある味とひきわり納豆の深い味わいがしっかりと出ていて、他の食材の味をしっかり際立たせていました。歯ごたえあるごぼうやにんじんと、口当たりの柔らかいなめこや納豆がうまく絡み合っています。おかずとしてご飯が何杯もいけそう!
七味唐辛子を入れるとピリッと一味アクセントがあって更にお箸がすすんじゃうかも☆ 納豆汁で体の芯からほっかほかになって冬も乗り切れそう♪