−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆ドレッシング
安曇野・黒豆納豆☆使う納豆・・・安曇野・黒豆納豆( 村田商店/長野県)
☆RECIPE・・・村田商店 /村田滋さん
☆CHEF・・・納豆文化村/桜井由佳

食業の現場から 「安曇野」は、長野県で一番多く作られている「ナカセンナリ」という大豆を使っています。「ナカセンナリ」は納豆以外にも向いている万能の上質な品種です。「黒豆納豆」は函館で作られている晩生光黒という黒豆を使い、香ばしく品の良い香りで食べやすい納豆に仕上がっています。特に関西の人たちに人気なんだとか(^^)

「安曇野」も「黒豆納豆」も経木を使用しているため納豆の香りがとても上品で、鮮度が保持されやすくとてもおいしい納豆になるのが特徴なんですよ!!

村田商店さんは、フリーライター石坂智恵美さん著書の『食業の現場から』に、こだわりの納豆製法などが17ページにわたって紹介されています。「うちは器用なメーカーじゃない」という書き出しのフレーズが私はとても好き。内容の全てを物語っています。村田さん自信作のこの納豆で納豆ドレッシングを作ることになって、期待感いっぱいワクワクです☆
−「食業の現場から」/石坂智恵美著 1600円 (新潟日報事業社:B6版200頁)−



用意するもの
納豆●納豆50g程度
包丁でひき割りにします!ちょっと粘ります(笑)
玉ねぎ●玉ねぎ2分の1個
細かくみじん切りに♪手早く切りましょう。泣けます!
生野菜●生野菜
お好きな旬の生野菜を。きれいに盛り付けようね。

調味料●塩・砂糖・醤油・酢
オリーブ油・胡椒
よくかき混ぜます☆




作り方
・玉ねぎをみじん切りにして15分ほど水にさらしておきます。
・粒の納豆を包丁でたたいてひき割りにします!くっつくけど頑張れぇ!
・塩(小さじ3分の1)・砂糖(大さじ1)・醤油(大さじ2)・酢(大さじ3)・オリーブ油(大さじ3)・胡椒少々を入れて良く混ぜ合わせます。
・ひき割にした納豆を加えてまたまたよく混ぜ合わせてドレッシングを作ります。
・混ぜるの得意になるかも♪
・お好みの生野菜をサラダボールに盛り付けます。きれいに盛ろうね☆
・その上からドレッシングをかけてできあがり〜♪


出来上がり〜!!
納豆ドレッシングどんなサラダにも合いそうな納豆ドレッシング♪
納豆がシャキシャキの玉ねぎや他の調味料との相性がこんなにもいいとは!!ふんわりと納豆の味が広がって、納豆好きにはたまりません!!いくらでもサラダが食べれちゃいそう(^^)
広口のボトルに入れて冷蔵庫に置いておけば、いろいろな料理に応用できるかもね。

【由佳のひとこと】・・・納豆が洋風に大変身してなんだかとっても幸せです☆黒豆納豆は噛んでいくごとに大豆のうまみがじわじわっと出てきます。しっかりした食感も同時に楽しめますよ!!安曇野はふわっとした大豆の甘さが良く生かされていて、品の良いドレッシングに仕上がりました。それぞれの納豆の個性が生かされたドレッシングになり、どちらもオススメですよ♪
写真は完成した納豆ドレッシング。黒い小鉢にドレッシングに使ったひき割り納豆だけを少し別にしてみました。ひき割り納豆が別にあると味が調整できるし楽しい食卓になりますよ!箸置きのネコちゃんも木のスプーンを背中にかかえて納得だね!

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved