−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










ダブルねばねば納豆うどん
村田さんの安曇野を使います☆使う納豆・・・大粒納豆「安曇野」/村田商店(長野県)
☆RECIPE・・・納豆文化村/倉本詩穏
☆CHEF・・・納豆文化村/倉本詩穏

今回詩穏は、大粒納豆で定評のある村田商店さんの「安曇野」を使って、ダブルねばねば納豆うどんに挑戦します。 ダブルねばねばとは、もうお分かりですよね。そっち系です(笑) 言わずもがなですが、長いもとオクラです。 納豆が無いって?そうですね、ネーミングのダブルねばねばが、長いもとオクラ、そして納豆とうどんということで、ダブルねばねば納豆うどんになるのです。ややこしいですね。トリプルネバネバでもいいですよ! 「安曇野」は、受賞納豆メーカーの村田商店さんの大粒納豆です。経木に包まれて丁寧に作られているだけあって、香りがとっても上品ですし、噛み応えがしっかりしていて、ダブルねばねばとうどんとのマッチングがとても楽しみです!



用意するもの
大粒納豆●大粒納豆
村田商店さんの安曇野を使います。 経木で包まれた三角の納豆。
長芋●長芋
鬼おろしでおろして、ざっくりのトロロにします。
うどん●うどん/めんつゆ
このメニューでは讃岐うどん使用。めんつゆを用意します。

梅干し●梅干し
種を取り除いて、すり潰します。

オクラ●オクラ
少し硬めに茹でて、食感を残すようにします。

錦糸玉子●錦糸玉子/ねぎ/きざみ海苔
ねぎは小口切りにします。
他に、きざみ海苔も用意します。


経木から器に移します。 おうどん大好きです。
経木に入っていた納豆は瑞々しくて香りが良いんです! 納豆はあらかじめ、軽くネバネバにかき混ぜておきます。納豆ネバネバ、トロロネバネバ、オクラネバネバネバネバ…(笑)


作り方
(1)長いもを鬼おろしでザックリおろします。
(2)梅干しはつぶして梅肉にします。
(3)オクラのへたを取り、塩を入れた熱湯でさっと茹でます。茹で上がったら小口切りにします。
(4)うどんをゆで、水気をしっかり切ります。
(5)水洗いしたうどんの上に(1)〜(3)とかき混ぜた納豆、錦糸玉子を乗せます。
(6)きざみ海苔を乗せ、めんつゆをかけて完成です。
長芋は鬼おろしでおろします。 完成しました〜!
鬼おろしを使う時は、斜めにおろしていくとスムーズにおろすことが出来ます。鬼おろしでおろすと、粒が不揃いになって、いろいろな食感が楽しめていいですよね。


出来上がり〜!!
ダブルねばねば納豆うどんやはり想像通りでした。長芋も、オクラも、納豆の引き立て役として、その真価を十分に発揮してくれました。 ネバネバ感たっぷりの中に、安曇野の上品な旨みが光ります。納豆の味と大豆の旨みが、ダブルねばねばとうどんの中でしっかり活かされて、存分に楽しめる一品に仕上がりました。

【詩穏感想】・・・見た目は色鮮やかで、まるで贅沢丼みたい! 梅干が味のアクセントになっていて、さっぱりと仕上がりました。ダブルネバネバですが、味はしつこくなく、とてもあっさりとしていました。これを食べるとスタミナ回復ですね! 納豆はどんな食材とでも合わせられる素晴らしい食品ですね。特に安曇野は、しっかりとした存在感もあり、大豆の旨味を感じさせてくれる頼もしい納豆です。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved